ホーム | 粉一番

末茶Q&A

粉末茶

自然栽培粉末茶 緑茶は健康成分の宝庫!

緑茶を飲むことによりガン・高血圧・糖尿病・動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞の予防に効果があるといわれています。その緑茶の成分にはカテキン・テアニン・カフェイン・フラボノイド・アミノ酸・多種のビタミン・ミネラル・食物繊維・βカロチン等があります。しかしながら通常の飲み方であるとこれらの健康成分は約70%以上茶ガラとして捨てられているのです。
健康成分の宝庫であるお茶をまるごと安全に摂取できるように「化学肥料不使用」にこだわりました。国内の山間地で採れる大切に育てられた茶葉だけを使用し、そして厳格なドイツの安全基準をクリアしている安心した「化学肥料不使用」の粉末茶です。
また、20時間以上かけて粉砕作業を行う為、他社メーカーよりも粒子が細かく水にも混ぜやすく、料理にも使いやすくなっております。

粉末茶Q&A

Q01 どうして粉末茶なの?
Q02 粉末茶と煎茶の違いは?
Q03 粉末茶と抹茶の違いは?
Q04 こだわり栽培茶って何?
Q05 自然栽培茶って何?
Q06 本当に健康にいいの?
Q07 1日どの位飲めば健康にいいの?
Q08 安全検査はどうしているの?
Q09 添加物は使ってないの?
Q10 加工工程での衛生管理は大丈夫?
Q11 賞味期限はどの位?
Q12 開封後の保存方法は?
Q13 低価格の秘密は?
緑茶が体に良い事はすでに皆様もご存知でしょうが、従来の急須で煎じて飲む飲み方と微粉末茶で丸ごと飲む飲み方ではどのような違いがあるのでしょうか。
緑茶の成分には水に溶ける水溶性成分と不溶性成分があります。この割合は水溶性成分約20%、不溶性成分約80%となっております。しかし従来の飲み方では水溶性成分の約40%、不溶性成分の100%を茶殻として捨ててしまっているのです。そこで緑茶を微粉末状にして飲めば今まで捨ててしまっていた有効成分をまるごと摂取できる訳です。
粉末茶と煎茶の違いは、お茶のもつ有効成分の摂取率です。私たちが従来飲んでいるお茶は煎茶といい、お湯で煎じて飲む飲み方が一般的です。これは古くから煎茶という加工方法が長期保存できる方法であり、また、ピンと伸びた煎茶の形状を芸術性という形で日本独自のお茶文化として発展させてきた結果でもあります。しかしながら、従来の飲み方では、緑茶の栄養の約80%を茶殻として捨ててしまっているのです。”エッ?”とお思いの方が多いと思いますが、実は私たちが普段飲んでいる緑茶に含まれている有効成分は約20%とほんのわずか。惜しげなく捨てている茶殻こそ、食物繊維・ビタミン等大切な成分がたっぷりと残されているのです。そこで緑茶を微粉末状に加工して飲めば、お茶のもつ有効成分を100%摂取できる訳です。
粉一番の粉末茶の原料は煎茶ですが、抹茶の原料は碾茶(テンチャ)と呼ばれるものです。碾茶は、よしず棚等で茶園を覆い人工的に日照時間を短くして栽培された茶葉を加工したものです。この際、煎茶の様に形状をつくりながら乾燥させるのではなく「炉」と呼ばれる独特な乾燥機で乾燥させ、更に、茎・葉脈を取り除き加工します。この原料を石うすで挽き、粉末化したものを本格的な抹茶といい、主に茶道に使われてきました。本格的な抹茶は、栽培過程で大変な手間と労力を必要とします。また、石うすで挽き粉末加工する為少量ずつしか商品化されません。 一方、粉一番の粉末茶は契約生産者が手間をかけて生産加工した原料を、自社製の粉砕機(ボールミル機)で大量に加工することができます。従って粉一番の粉末茶は本格的抹茶に比べ格安であるという事が大きな違いとなります。
こだわり栽培茶とは、一年間全く農薬を使わずに特別栽培されたお茶のことです。よって残留農薬成分検査では検査値は全て”0”でなければなりません。
現在、無農薬でのお茶の栽培は非常に難しく、どこでもできるというわけではありません。例えば、茶畑が密集している場所ではたとえその茶畑が無農薬栽培をしていたとしても、隣の茶畑が農薬を使っていれば意味ありませんし、少し離れた場所からでも、農薬は風によって運ばれてきます。そこで、無農薬栽培に適した場所は隔離された山間地等に限られてくるのです。
また、農薬を使わなければ、当然、害虫がつきやすくなります。そこで農薬の替わりにトウガラシ、ワサビ、ニンニク等を水に溶かした物を散布したり、害虫のつきにくい有機肥料を使ったりして栽培管理をしています。これは大変手間のかかる作業で、こうして作られたお茶は生産者の努力と情熱の賜物なのです。
当社ではこの様にして作られたお茶を検査に出し、安全性を確認した上で商品化しております。
自然栽培茶とは、化学肥料を全く使わず有機肥料のみを使い管理された土壌で栽培されたお茶のことです。
栽培内容は有機肥料(種カス、魚カス、ぬか、ゴマカス、蟹ガラ等を混ぜ合わせ、3ヶ月程発酵させたものなど)をまき、健全な土作りから始まります。そうすることにより害虫や病気が格段に減り、抗酸化能力(カテキン等の有効成分)が数段アップします。また、有機肥料の混合具合によりお茶の味も左右されますので生産者には熟練された農業技術と常に新しい農業知識を取り入れる向上心が必要とされるのです。
この様にして生産者が大変手間をかけて作られたお茶を当社では、完全な衛生管理の元、商品化しておりますので安心してお飲みください。
今日、科学的な研究が進んだ結果、緑茶は非常に優れた健康飲料であることが次々と明らかにされています。緑茶にはカテキン(渋味成分)・カフェイン(苦味成分)・テアニン(うまみ成分)・γ-アミノ酪酸・フラボノイド・多糖類・カロチン・ビタミン類・フッ素・食物繊維等・数多くの有効成分が含まれていることが判明したのです。このような成分には発ガン抑制作用・血圧上昇抑制作用・コレステロール低下作用・利尿作用・虫歯予防・抗菌作用等様々な生体調節機能があることが明らかにされています。事実、日本一の緑茶生産地である静岡県ではガンによる死亡率が全国平均を大きく下回っているというデータがあります。特に榛原郡川根本町での男性のガン死亡率は実に全国平均の約1/5という調査結果もあるほどです。しかも緑茶はこれだけの有効成分を含みながらノンカロリーであるという食品で、スーパー緑黄色野菜とも呼ばれています。とは言え、これは緑茶を粉末加工してまるごと飲んだ場合の話。従来の緑茶をお湯で煎じて飲む飲み方では、有効成分の約80%を茶殻として捨ててしまっているのです。お茶の有効成分を100%摂取するにはやはり粉末茶しかないのです。
粉一番の粉末茶は毎日の健康作りをテーマにした健康飲料ですので毎日適量を飲んでいただくことをお勧めします。目安としては粉末状態で1日1人約6g~8g(大さじ1杯強)。これを約2リットルの冷水で溶いていただくと非常においしくお飲み頂けます。
毎日適量をお飲み頂くことによって有効成分の生体調節機能が働き毎日の健康作りを手助けします。
但し、緑茶にはカフェインが多く含まれている為、その覚醒作用によって寝つきが悪くなる人もあります。最初は少なめに、徐々に量を増やして頂きたいと思います。また、腎疾患等で水分やカリウム摂取に制限のある方は、緑茶にはカリウムが多く含まれておりますので充分にお気を付け下さい。
粉末茶は、緑茶を丸ごと飲むのですからより安全な物を選びたいですね。自然栽培粉末茶は、当社指定生産者が完全無農薬・有機栽培で作った緑茶を原料にしています。当社ではこの原料を、世界で最も安全基準が厳しいと言われるドイツに送り、検査機関GMBH化学研究所にて安全基準検査を行っております。残留農薬はもちろん、ダイオキシン等環境汚染物質からの安全性もクリアしております。また、一貫した衛生管理の元、粉末加工し商品化しておりますので、是非安心して御飲み下さい。
粉一番の粉末茶は、緑茶をまるごと粉末加工しております。調味料・着色料・保存料等の添加物は、一切使っておりません。あくまでも、緑茶の有効成分を100%摂取して頂く事・毎日の健康作りのお役に立つ事が粉一番の粉末茶の目的ですので、従来の煎茶に比べてより自然に近い健康飲料なのです。
粉一番の粉末茶は当社一貫した衛生管理のもと、粉末加工・商品化されております。原料の緑茶は真空パックした上、低温冷蔵庫にて保存・管理されています。また、作業員は作業前の消毒殺菌・毎年行われる健康診断を欠かさず行っています。さらに、毎日加工工場(作業機械、道具)の衛生点検を毎日行っておりますので、衛生管理は万全です。
粉一番の粉末茶は、基本的に受注生産品です。従って、皆様の御注文を受けた後、低温冷蔵庫で真空パックされた原料を粉末加工します。粉末加工された微粉末茶は直ちに計量・袋詰し食品用窒素ガス充填機で密封・商品化され発送致します。ですから、皆様のお手元にお届けされた商品はいつでもフレッシュな訳です。商品は、窒素ガスを充填し密封されていますので一年以上保存は可能ですが、なるべく新鮮なうちに御賞味頂くため、賞味期限は製造日より12ヶ月(商品に表示)とさせて頂きます。
粉一番の粉末茶は、高温多湿を避け保存してください。開封後はチャックを閉め、冷蔵庫にて保管してください。冷蔵庫から取り出して使用する際は、吸湿防止のためすぐに開封せず、常温に戻してから開封してください。お茶は鮮度が大切です。開封後は賞味期限にかかわらず、1週間程度で飲みきってください。また、お茶は非常にデリケートな食品ですので、移り香に注意して保管してください。
① 流通経路を簡素化したこと
②原料に製品化された煎茶ではなく荒茶を使用していること
③当社母体が製茶機メーカーであり、粉末加工機械は全て自社製品であること
以上が粉一番の粉末茶の安さの秘密です。もちろん安いだけでなく、品質、安全性にも万全を期しておりますのでお気軽に御利用下さい。

粉一番の粉末茶残留農薬検査表

  成 分 自然栽培粉末茶 こだわり栽培粉末茶 粉一番 減農薬 EU 安全基準値 日本 安全基準値
1. 有機塩素系農薬
  クロルフェビナル 検出せず 0.218 0.01 50.00
2. ピレスロイド系農薬
  ビフェントリン 検出せず 0.02 5.00 25.00
  フェンプロパトリン 検出せず 0.04 0.02 30.00
3. 有機リン系農薬
  クロルピリォス 検出せず 0.02 0.10 3.00
  アセフェート 検出せず 検出せず 0.10 10.00
  ピリミフォスメチル 検出せず 検出せず 0.05 10.00
4. その他の農薬
  プロムプロピラト 検出せず 検出せず 0.10 -
  ブプロフェジン 検出せず 0.03 0.02 5.00
  ジフルベンズロン 検出せず 検出せず 0.05 20.00
  ピリダベン 検出せず 検出せず 0.01 10.00
PAGE TOP